若者にワクチンは必要か

ワクチンは感染を防がない

WHOも厚労省も、ワクチンがコロナ終息の切り札であると言い続けてきました。みんなが接種をすれば集団免疫が達成され、コロナを抑え込めると主張してきました。しかし、現在その主張はほぼ崩れてしまったと言えます。
デルタ株の出現に伴い、アメリカやイギリスなど日本よりワクチン接種率が大幅に高い国においてもPCR検査陽性者が急増しているからです。
「コロナは変異の早いRNA型のウイルスであり、ワクチンで抑え込むことはできない」とウイルス学の専門家は以前から指摘していましたが、そのとおりの事が起きているのです。

各国において、ワクチン接種者と被接種者とを比較したとき、感染率に違いがないというデータも出てきており、CDC(アメリカ疾病対策センター)も「デルタ株はワクチン接種を受けた人でも感染し、人にうつす危険性がある」と述べています。また、日本におけるワクチンの旗振り役である河野ワクチン担当大臣も「デルタ株の感染拡大をワクチンだけでどうにかするのは難しい」と述べて、事実上の白旗を上げているのです。
ワクチンで感染を防げないというのはコロナに限ったことではなく、例年1万人以上の死者を出してきたインフルエンザにおいても、ワクチン接種した人としない人の罹患率が変わらないことが知られています。変異の早いRNA型のウイルスをワクチンで封じ込めるというのは原理的に不可能なのです。

重症化は予防できている

ではワクチン接種は無駄なのかというと、そうとも言えません。感染は防げなくても、重症化を防ぎ死者を減らす効果はあるからです。実際に日本でも陽性者数は増えても死者は非常に少ない状態が続いています。これは、アメリカやイギリスなどにおいても全く同じ傾向が見られます。現在のワクチンはデルタ株の感染は防ぎませんが、重症化を防ぐ効果は発揮されていると言えます。ですから、高齢の方へのワクチン接種はそれなりの意味があったと考えます。ただし、ウイルスの変異はこれからも続きますので、ワクチンで獲得した免疫が次の変異ウイルスに有効であるかは未知数です。
しかし、ウイルスは変異することで毒性を弱めていきますので、過剰に恐れる必要はありません。

若者の接種は必要か?

日本において新型コロナは感染者も死者も非常に少ないことは以前からお伝えしてきました。コロナに限らず伝染病は国や地域により大きな差が見られるのが通常です。これは、気候や生活環境が違うだけでなく、人種や民族によりウイルスなどの病原体に対する免疫に違いがあるためです。日本など東アジアの国々では、風邪のウイルスとして4種類の土着のコロナウイルスが存在しており、コロナ型のウイルスに対する免疫力がそもそも高いのだと考えられます。
「40万人の死者が出る」「東京がニューヨークのようになる」などとテレビが不安を煽り立ててきましたが1年半立ってもそのような気配は全くありません。コロナを過剰に恐れるのは終わりにするべき時期が来ています。
このように諸外国に比べコロナの脅威が格段に低い日本ですが、若者にとってのコロナの危険性はさらに際立って低いと言えます。
コロナの出現から1年半が経過しましたが、20歳未満の死者はいまだに0名、20歳代の死者もわずか9名に過ぎません。「9名も亡くなっている」と思う方もいるかも知れませんが、子供や若者でも持病のある方を中心として、風邪などの感染症から肺炎になり亡くなる方が毎年一定数いるのです。
少し古いデータですが平成21年には30歳未満の方が肺炎で204名亡くなっています。1年半で9名というコロナの死者がとても少ないのがおわかりでしょう。
それともうひとつ知っておいてほしいのは、この9名の方はコロナがなければ死なずにすんだ方ではない、ということです。
持病で体調が悪化した人は、免疫力が落ちるためにあらゆる細菌やウイルスによる感染症をおこしやしくなります。新型コロナのなかった平成21年に204名の方が肺炎で亡くなっているのはそのためです。コロナでなくなった9名の方はコロナがなくても命を落とした可能性が高かったと考えられるのです。
ちなみに平成21年の30歳未満の方の合計死者数は12439名です。コロナで亡くなる方の2000倍以上の方が毎年命を落としているのです。コロナは若者にとっても危険であるという国やマスコミの主張は客観性を欠いていると言えるでしょう。

日本の若者にとってはコロナの危険性はほぼゼロであると私は考えます。ウイルスの危険性が全く無いのに、副反応の危険性を冒してワクチン接種をする必要があるとは考えられません。

>あおば治療院のご案内

あおば治療院のご案内

あおば治療院は御殿場市にある鍼灸治療、マッサージ、心理セラピーを行っている治療院です。 病院などで治らないつらい症状でお困りの方のお役に立ちたい、という願いで日々の治療に当たっています。 腰痛・頭痛・関節痛など身体の痛み、めまい・不眠・冷えやのぼせ・イライラなど自律神経の不調、首や肩のコリなどなかなか改善しない症状でお困りの方、人間関係の悩みや心配事など心の苦しさでお悩みの方はぜひ当院にご相談ください

CTR IMG